Lipのあゆみ › 2016年06月

郊外カフェ

2016年06月15日

郊外のカフェ、古民家カフェ、町屋カフェなどなど情報が最近多くて、とても興味があります。
中でも、古ーい郵便局をリノベーションしたカフェに行ってみたくて、、、

サビックの佐藤先生の宿題の下準備として行ってきました。

吹田から高速を使わずに行くと車で1時間強の場所、神戸市北区と三田の狭間にあります。
古ーい感じはそのまま。
リノベーションした感じは極力抑えてあるように感じました。





木枠の引き戸は“ガラガラ~”と音がして、何とも言えない癒しの音で。

オーナーは新地でレストランバーを経営されていたとかで、ランチはコースで一皿ずつ出てきて、
1300円の付加価値がありました。
この料理をワンプレートに盛ると1000円くらいの見栄えになってしまうのでしょうか。。。

前菜はシンプルメニューで、参考になりました。
ジュレ使い、素材使い、、、、



ポタージュスープ、
サラダ。
サラダはスライスにして縦並びにするとボリューム感とおしゃれ感が倍増!



メインは優しいお味でした。

平日なのに、11時半なのに、満席。
半分は予約席で、お見えになったのはご婦人のグループで、たぶん地元の方。

郊外でも色々な付加価値がつくと成り立つんだなあ。
オーナーの情報発信力もすごいんだろうなあ。

と、色々すごいなあ、と思いながら、三田で有名なケーキ屋さんにも寄りました。
ケーキの横に一口お菓子が添えられていました。












  


Posted by リップちゃん at 13:16Comments(0)

三田まで

2016年06月06日

さんだピクニックマルシェ というイベントに行ってきました。
農産物はありませんでしたが、雑貨やパン、焼き菓子、コーヒー、カレー、かき氷、たこ焼き、植物などなど見どころ満載でした。

コーヒーやかき氷は丁寧に作られていて、行列もなんのその。丁寧さと美味しそうが合わさって待つこともいとわない感じに。
パン屋さんでは、思いもかけないかわいらしいパンがあり、思わずお土産に2セット購入。



焼き菓子屋さんでは「今朝焼いてきました」とのPOPが購買意欲を掻き立てます。
ショーケース使いは参考になる!!!



たこ焼き屋さんは「米粉たこ焼き」に興味がわき、並ぶも、待ち時間が読めずに断念。
自宅で米粉を使って作ってみようと目論み行列から脱線。

イベントに来る大半の人はイベントの雰囲気を楽しんだり、イベントにお出かけすることが目的だったり。
「なにかいいものないかな」だったり、「なにかいいものがあったら買おうか」だったり。
の中で、思わず買う気にさせるメニューやラインナップ、アイテムの見せ方、などなど、とても参考になりました。

主催者の方の企画もすごい!!!
PR、出展者、来場者がとてもマッチしてるように感じました。

このイベント、半世紀もの間、使われていなかった牛舎をリノベーションしてのオープニングイベント。



同じ方が昭和期の廃郵便局もリノベーションしてカフェをされているとか。

そこもとても興味深い。

去年の秋に思いを断ち切った旧公民館がフィードバックしそうです。









  


Posted by リップちゃん at 01:30Comments(0)