Lipのあゆみ › 2017年03月

なにも考えられない。

2017年03月31日

市役所地下での旬カフェLipは成功や、と、1年間営業を終えて言ってもらえた。
成功に導いて下さった先生とは、チャレンジャー事業に応募するにあたり商業相談に訪れてから以降ずっと定期的に指導や相談をお願いしてきた。
月に一回の商業相談に加えて物件の相談などでお忙しい中を時間を取ってもらってきた。

私たちの先導者だった。

話の締めくくりにはよく「よっしゃ、よっしゃ」とモチベーションを上げてくださり、私が凹んでいるときは気にしてくださったり、

Lipの父のような存在だった。

すごい先生なんだよ、と周りから聞かされていたけど、
この丸3年、私たちは先生を頼りきっていて、私の中では、先生と相棒と三人で新店舗に向けて頑張ってる感覚になっていた。

その先生がいなくなってしまった。

悲しくて悲しくて

これまでは転んでも起きてきたけど、
今はなにも考えられない。

新店舗を目指して手術を受けて腰を治したのに。








  


Posted by リップちゃん at 17:28Comments(0)

経過は順調

2017年03月25日

今日、抜糸しました(厳密にはテープ)。
傷口は腰だから自分では見られないけど、かぶれなどもなく綺麗とのこと。
リハビリ、歩行練習も歩行器でブイブイやってます。

日毎に痛みが減ってきて、出来ないことが減ってきていて日常生活復帰も近い!?

術後3日間は痛みと微熱で殆ど食べられなかった事が遠い昔のことみたい。
喉元をすぎれば、、、です。
ここのお食事美味しいから食欲戻るのも早かった(((^^;)

食事が美味しく頂けることは
生活の基本、、、
だなあ、と思ったのでした。





  


Posted by リップちゃん at 14:51Comments(0)

先ずは治してから⑤

2017年03月18日

手術を病院都合で(かなりすねてるけど)一度断られ、再トライで社会生活を考えて手術しましょうか、と言ってもらえて、嬉しくなってスケジュールを決めてしまったけど、訪問介護の事業所にはシフト組でとても迷惑をかけてしまった。
手術したいとは伝えてたけど、それでも急な申し出に対応してくれて感謝!
入院まではできるだけ稼働させてもらって
入院日も朝に2つ訪問してから荷物を取りに帰って病院へ。
今月はカフェのことはほとんどのできてないけど、
先ずは治してから、です。








  


Posted by リップちゃん at 11:23Comments(0)

先ずは治してから④

2017年03月14日

再度トライした病院では思いの外早く診察の予約が取れて受診。
先生に人生設計のことを話し、手術希望であることを伝えると私の気持ちを汲んで下さり、話の方向が手術に向いた~。
もちろん診察した上で手術適応となり、スケジュール的な話に。
飲食店をする計画もあるので、早い目にとお願いすると最短スケジュールをパパっと組んで下さり、
その日のうちに生理機能検査などを済まし、先日、造影剤のレントゲンとCT検査で一泊入院、手術用に自己血の貯血など、目まぐるしくこなしております。

良い先生に巡り会えたなあ。
私の気持ち(希望)に沿って最善を考えてもらえるって、ものすごく信頼感が生じることを再認識できた。
先生に全てを委ねます!って思えるし。

今の介護の仕事は老若男女問わず人相手のお仕事なので、これは大事だ✨
介護の仕事も、カフェの仕事も、なんでも、だけど、信頼される仕事人になりたい、と思ったのでした(*^^*)










  


Posted by リップちゃん at 20:41Comments(0)

先ずは治してから③

2017年03月14日

MRIをみてもらって手術適応の診断をもらい、
整形外科で超有名な病院(大阪市内)への紹介状を先生に頼むと
あんなとこ(超有名な病院)は2-3ヵ月待ちになるよ、と言われたけど、トライしてみたいとお願いして予約を取ってもらった。

予約が取れたの一番若い先生。
病院に行くとなんだかすごくアウェイ感。
診察の結果は
歩けているのならウチでは手術はしない。
だった。
後から考えると、緊急性がないと判断されたんだろうな。と自己判断してなんだかなあ感を抑える。

そして、腰を治さないとカフェ計画を進めるのが恐くなった。

もし、途中で歩けなくなったら?
1ヵ月お店を閉める事態になって、もし経営がダメになったら?

手術できなければカフェ計画は進められないと
恐くなった。
工務店さんに見積もりをお願いしているのに
(*_*)こんなんじゃダメやん

手術を断った先生にすぐに書いてもらった紹介状の返事を持って整形外科の先生に相談すると
先生の第一声は

薬でコントロールしていく?だった。

でも、これからの人生設計を考えたら今手術して治しておきたい、と話をして
今度は先生の管轄?の病院へ紹介状を書いてもらうことに。
結果は同じかもしれんよ、と少し困惑気味やったけど、私の思いを理解してくださった先生に感謝して、
再トライ!
今度はアウェイ感のない馴染みのある病院へ!






  


Posted by リップちゃん at 08:59Comments(0)

先ずは治してから②

2017年03月13日

体重を増やさないこと!と整形外科の先生から言われたけど、神経からの痛みを止める薬の副作用で、フラツキ、眠けの他に便秘、浮腫みが。
体重が増えないわけないし⤵⤵。
徐々に症状が強くなって、でも薬を増やすのもためらわれて、、、
ネットで情報収集しはじめてると、手術の選択肢発見。
整形外科の先生に相談すると、
MRIを取って見て検討、となり、人生2回目のMRI。
腰のMRI、となると医療機関の方々は、歩けますか?階段大丈夫?車イス必要ですか?と聞いて下さるのだけど、
歩けちゃうから、身近の人は深刻な印象がないみたいで。
私も含めて(((^^;)
だけど、この腰は結構頑張ってたみたいなMRI画像だったのでした。。。






  


Posted by リップちゃん at 19:39Comments(0)

先ずは治してから①

2017年03月06日

体を治すところは腰だけど、
痛いのは腰から右足で。。。

右足が痺れるなあ、と思い出したのは約1年前で、
市役所のカフェを終えてから。
特に気にすることもなく、、、
でも、もしかしたら血管とか頭からの症状なら怖いなあと思い、健康診断の時にチラッと先生に相談したら「腰からきてると思うよ」と。
ここでホッと安心してしまい、放置すること半年間。

痺れ具合がピリピリ位からジンジンになり、痺れ時間や頻度が多くなり、昨年秋にはだるさ痛さも加わり、ようやく医療機関に行く必要を感じた。

整形外科の先生から
「腰の骨がずれてる」と言われ
成長期に少しずれてたみたいで、そこから諸々のこともあり今に至ったみたい。

仕事は?と聞かれて、今は訪問介護の仕事です、と答えると、
うーん、やめた方がいいな、と。
でも、訪問介護の仕事は飲食店をする計画があって、それが決まったらやめるんです、と伝えると、
飲食店❗
そんな立ったりかがんだりの仕事やろ、
腰がもたへんで、
と。

そこから、薬と湿布で経過観察すること3ヵ月。
なんとか訪問介護の仕事をしながら物件をあたり、
少し具体性が出てきたところで
腰をなんとかしなければ、と思い至った次第で。

痛いところを治さねば、に至った経緯がこれ。
ここから、色々とつづく、、、(((^^;)









  


Posted by リップちゃん at 17:35Comments(0)